お風呂・浴室リフォームの価格と相場、気をつけることなど体験談から

優良リフォーム会社から3分で無料見積をとる方法

リフォームでは、複数の業者から相見積をもらうことで
料金は下がるのに質を上げることが可能です。

    >>たったの3分!コチラから無料で相見積をもらう!!

お風呂リフォームでのパック価格に気を付けて

 

 

リフォーム会社によっては、パック料金○○万円と表示しておいて
実際必要な工事の費用が含まれていないことがあります。

 

パック料金の安さは最初は低価格と感じて魅力的なのですが
実際は、追加工事費がかかって他とかわらないという話もよく聞きます。

 

最初から、必要な工事費をきちんと見積もりに含んでいたほうが
客の立場からは親切と思えます。
安心安全なリフォーム会社だと好印象を抱きますね。
見積り金額だけで決断せずに、詳細も確認して決めましょう。

 

値段の安さだけに惑わされることのないように!

 

そのためにも、複数社から見積もりをもらい、比較することをおすすめします。
目が慣れてくると、けっこう「あ、この会社いいかも」なんて気が付けるものですよ。

 

 

見積をもらった時には、以下のような工事の説明があるか
または見積もりに記載されているかを確認しましょう。

 

 

 

配管の老朽化のため取替工事費用

 

配管(給水・給湯)は、経年劣化で錆びが発生し、つなぎめから漏水し始めます。
(だいたい15年位で漏水することが多い)

 

新しいユニットバスの交換と同時に配管取替工事をすれば
安い費用(配管取替工事のみの費用の約半額)でできるので
配管も新しいものに取替しておくと、この先安心です。

 

【浴室内部から浴室外までの配管取替】
  ・お風呂・浴室改装同時の場合  2万円〜5万円
  ・お風呂・浴室改装後の場合   5万円〜10万円

 

 

 

 

シロアリ調査費用

 

シロアリが発生する場所は、お風呂、浴室、脱衣室の土台になります。
シロアリは、湿気があって、やわらかい木が大好物なので
水漏れが発生していたタイル風呂などには必ずシロアリがいます。

 

リフォーム会社のほとんどは、シロアリ調査は行っていますが
費用については無料、有料と様々なのできちんと確認しましょう。

 

 

 

 

土台工事費用

 

土台や柱が水漏れによってシロアリの被害にあい腐食していた場合は交換が必要です。
腐食をそのままにしておくと、万が一地震が発生した時、耐震性がなく、家の倒壊に繋がってしまいます。

 

 

腐食の進行具合は、解体工事をしないと確認ができないので
交換が必要かどうかは、実際工事が始まって自分の目で確かめてからとなるでしょう。

 

土台はお風呂や家を守る大事なパーツです。
こちらも交換しておいたほうがいいと思います。

 

【土台の交換工事】
   ・お風呂・浴室改装同時の場合  2万円〜4万円

 

 

 

 

防湿シートの標準施工費用

 

防湿シートを貼らないと断熱材の中で結露が発生して、断熱材としての機能が低下します。
防湿シートをしっかり貼り、壁内結露を起こさないように気密性を向上させるためにも必要です。

 

 

 

 

お風呂リフォームでこだわるポイント5つ

お風呂は、水を使い湿気が溜まりやすいので

 

清潔を保つのに日々のお手入れ(清掃)が欠かせない場所です。

 

同時に毎日の疲れを癒す幸せな場所で
安心できる安全な場所でなくてはいけません。

 

 

 

今回の我が家のリフォームで個人的に感じたポイント5つです。

 

リフォームは、一生のうちに何回も経験することではないので(しても3回くらい?)
経験してみないと分からないことは沢山あるなと感じました。

 

次回の私のリフォームまでに忘れてしまわないようにの意味もこめてまとめてみました。
参考にしてみてください。

 

 

 

清潔

カビ、シミ、汚れなど毎日の掃除やお手入れ。
ヘアキャッチャーやカビが付きやすゴムパッキンを減らす・・など
各メーカー様々な機能があるので見比べてみると楽しいです。
毎日のことなので、少しでも楽ができるといいですよね。

 

 

経済面

各メーカーともに、節水、保温、節電は大差ないように思えます。
実際にショールームでタカラとTOTOの同じランクのお風呂を比較しましたが
ほとんど同じでした。

 

 

安全性

浴室、脱衣室の温度差によるヒートショックなどの高齢者への配慮が必要です。
ご家族に高齢者の方がいるなら、滑って事故を起こさないような配慮、たとえば手すりや床材。
高齢者のいない家庭でも、この先どうなるかわからないので、
この機会に手すりを設置しておくのも良いと思います。

 

快適性

一日の疲れを癒す、リラックスできる空間作りですが、こちらも各メーカーによって様々です。
好きな色選び、機能的な棚、浴槽のサイズなど、お好みに合ったものを組み合わせて
大好きなお風呂にリフォームしてほしいです。

 

 

 

値段の安さだけに惑わされることのないようにしてください。
リフォーム後も安心して使えるお風呂を第一に考えてリフォーム会社を選びましょう。

 

 

お風呂リフォームの適正価格を知る方法!

【 リフォームは、まずは見積り依頼から 】
見積りからわかることがあります。
その会社は、優良リフォーム会社か悪徳業者か!?
その見積りは、適正価格かボッタクリか!?


満足するリフォームのために、あなたがまずやることは  

>>今すぐ一括見積りをスタートする!!

実際にこの方法で、料金は安くて質を上げるリフォームを経験しています。