お風呂・浴室リフォームの価格と相場、気をつけることなど体験談から

優良リフォーム会社から3分で無料見積をとる方法

リフォームでは、複数の業者から相見積をもらうことで
料金は下がるのに質を上げることが可能です。

    >>たったの3分!コチラから無料で相見積をもらう!!

お風呂にカビを発見

毎日の疲れを洗い流してリラックするバスタイムを気持ちよく過ごしたいですね。

 

お気に入りの入浴剤をいれたり、アロマをしたり・・・好きなようにお風呂タイムを過ごす。

 

とひたっていたら、「カビ見つけた!」なんて。よくあります。

 

この前きれいに掃除したばかりなのに・・ちょっと油断すると、すぐにカビが生えてきます。

 

アレルギーの原因にもなるカビ、いつもカビ生えないバスルームにしておきたいですね。

 

では、カビの発生のしくみを知って、浴室にカビを生やさないようにしましょう。

 

浴室のカビは黒カビ

お風呂に生えるカビは、「黒カビ」と呼ばれます。
この「黒カビ」は水に濡れたところや湿気の多いところを好みます。
お風呂以外にも、台所や洗面所、エアコンの内部など濡れているところに見られる黒い汚れの正体は「黒カビ」になります。

 

 

【黒カビ】
湿気が多い場所に生えるカビとしては代表的存在です。
名前の通り、見た目は黒く、繁殖力も強いカビとなります。
乾燥等にも強く、アレルギーの原因にもなるやっかいなカビ菌です。

 

 

カビが発生する主な条件
汚れ(カビにとって汚れや垢、石鹸カスが大好物)
湿度 70%(カビが発生しやすい。)
温度 20〜30℃(カビにとって最適で繁殖する)
酸素(空気に触れることで活性化する)

バスルームのカビ予防法

 

カビの栄養成分をなくす

→石けんかすや垢などが壁や浴槽に残らないようにするため、浴室から出る前に熱めのお湯を壁や浴槽にしっかりとかけてなくす。

 

 

低温をキープする

→入浴後、そのまま高い温度のままになっているとカビが繁殖しやすくなるので、シャワーで冷たい水を壁や床にかけて温度を下げる。

 

 

湿気を取り除く

→浴室に湿気がたまらないように、入浴後は壁や床の水分を水切ワイパーでとる。浴室暖房乾燥機を2時間位運転か、換気扇を一晩中回すなどとして湿度を下げる。乾いている状態でアルコールで壁や床を消毒するのも効果的。

 

 

カビの性質を知って、上手に対策しましょう!


お風呂リフォームの適正価格を知る方法!

【 リフォームは、まずは見積り依頼から 】
見積りからわかることがあります。
その会社は、優良リフォーム会社か悪徳業者か!?
その見積りは、適正価格かボッタクリか!?


満足するリフォームのために、あなたがまずやることは  

>>今すぐ一括見積りをスタートする!!

実際にこの方法で、料金は安くて質を上げるリフォームを経験しています。