マンションリフォームで気を付けること 注意点

優良リフォーム会社から3分で無料見積をとる方法

リフォームでは、複数の業者から相見積をもらうことで
料金は下がるのに質を上げることが可能です。

    >>たったの3分!コチラから無料で相見積をもらう!!

マンションの管理規約

 

お住まいのマンションの管理組合で決められている「管理規約」を知っていますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

「管理規約」はマンションによって内容は異なります。

 

 

 

戸建のリフォームと比較するとマンションリフォームの際には、様々な制約があるので
まずは、マンションの管理規約を確認しなくてはいけません。

 

そして、管理規約の詳細をよく理解してリフォームをプランニングする必要があります。

 

 

 

例えば、フローリングの場合、(我が家のマンション)
騒音の問題の関係から、規定レベル以上の材質を使用することが決められています。階下への騒音は迷惑になり、トラブルにもとになります。
私も日ごろから階下への音に関しては、とても気にかけています。

 

 

他にも、マンションによって異なるので、一度管理組合で確認してみるといいと思います。

 

 

マンション内でのリフォーム工事は、事前に管理組合に届け出が必要です。
管理組合から許可をもらってから、はじめて工事が出来るのです。
好き勝手に工事を始めることはできません。

 

 

 

その点を知らないマンションリフォームの経験が乏しい業者だと
トラブルが起こるかもしれません。

 

余計な心配で、不安になることのないように信頼できる業者にお願いしたいですね。

 

 

共有部分と専門部分

 

マンションには、専用部分と共有部分があります。

 

分譲マンションなので、全て個人所有で
自由にリフォームも出来るように思われますが
実は、マンションの大半は住民全員の共有の財産となっているのです。

 

なので、共有の部分に関しては、勝手にリフォームが出来ません。

 

 

共有部分 エレベーターやエントランス窓や玄関、バルコニー

 

 

玄関ドアやインターフォンは共有部分なので勝手に交換できません。
ただし共有部分となっているのはドアの通路側だけで、室内側は専有部分となります。
また、防犯の面から鍵の交換は可能です。

 

 

あまり知られていませんが、実はバルコニーも共有部分なので勝手にリフォームしてはいけないのです。
しかし、ガーデニングなどは緊急時の避難経路として問題が生じない程度であれば良いとされています。

 

 

 

専用部分 居室内

 

 

玄関ドアの中の室内のほとんどの部分をいいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンションリフォームの業者を選ぶ3つのポイント

 

 

マンションのリフォームの場合は、
戸建てと違って管理規約が重視される工事となります。

 

 

マンションリフォームの実績がある

マンションの管理規約を理解した対応工事となるので
戸建で実績のあって有名な業者でも、マンションリフォームの経験が乏しければ
やめておいたほうが無難です。

 

マンションのリフォームは戸建と比較すると様々な制約があります。

 

 

近隣への対策

マンションのような密集した集合住宅の場合は、近隣対策がとても重要です。
工事内容にもよりますが、工事の騒音はけっこう離れた部屋にまで響くものです。

 

 

どの部屋まで挨拶をすればよいか
どの様な挨拶内容にすればよいか

 

ちょっとしたことですが、近所付き合いを考えると大事なことです。

 

 

プロにお任せして、この先のトラブルにならないようにしておきたいですね。

 

もちろん、業者サイドからも挨拶はしてもらいますが
あなた自身でも挨拶にいっておいたほうが、更によいかもしれません。
今後のお付き合いを考えて、トラブルになっては大変ですので
挨拶しておいて損はありませんね。

 

 

 

また、騒音以外のことでも迷惑をかけることもあります。
例えば、材料搬入のため廊下やエレベーターの使用で、
住人に迷惑をかけることがあるかもしれません。
または工事期間中に業者の車の駐車の件で、迷惑をかけるかもしれません。

 

全く迷惑をかけずにリフォーム工事をすることは出来ないとは思いますが
きちんと挨拶をしていれば、同じ迷惑でも受け方は大きく変わると思いませんか?

 

なので、近隣挨拶に手を抜かないをしっかりとした
マンションリフォームの経験が多い業者を選びましょう。

 

 

同じマンション内でのリフォーム経験あり

マンション内でのリフォーム実績があるということは、
とても大きなポイントになります。

 

なぜならば、

 

実際にリフォームしたものがこの目で確認できる

 

業者の良し悪しをリフォームした人から聞ける

 

業者もマンションの管理規約をしっかりと理解している

 

面識のある管理人と業者なので色々とスムーズに進められる

 

このように、メリットはあります。

 

 

 

業者側も、同じマンション内の顧客確保ができるかもというメリットもあり
手を抜くことは出来ないはずです。

 

(マンションのどの部屋も同じように老朽化しているものなので
どこかのお部屋がリフォームするとリフォームを検討し始めるものですよね・・)

 

お風呂リフォームの適正価格を知る方法!

【 リフォームは、まずは見積り依頼から 】
見積りからわかることがあります。
その会社は、優良リフォーム会社か悪徳業者か!?
その見積りは、適正価格かボッタクリか!?


満足するリフォームのために、あなたがまずやることは  

>>今すぐ一括見積りをスタートする!!

実際にこの方法で、料金は安くて質を上げるリフォームを経験しています。