自己資金かリフォームローンか

優良リフォーム会社から3分で無料見積をとる方法

リフォームでは、複数の業者から相見積をもらうことで
料金は下がるのに質を上げることが可能です。

    >>たったの3分!コチラから無料で相見積をもらう!!

自己資金とローンどどちらがいいか?

 

 

 

 【自己資金とローンの比較】

 

 

自己資金で対応 リフォームローン
資金   

リフォーム費用支払い後手元に十分な資金の余裕がないと万一の場合にリスクがある
資金  

手元に資金を残しておけるので、今後急にお金が必要になった場合も安心
金利  

金利がかからない
金利  

一定の金利負担が発生する
税優遇  

優遇措置はあるがローンの場合よりも最大額が小さい
税優遇  

自己資金に比べて税優遇の最大額が大きい
リフォームの規模  

自己資金の予算の範囲内でのリフォーム契約
リフォームの規模  

ローンで支払いを分散できるため、予算に余裕をもってリフォームができる

 

比較表からもわかるように、どちらもメリットデメリットはあります。

 

 

余裕ある預貯金がある場合は、自己資金でのリフォームがおすすめですが
手持ち資金が不安な場合はローンがおすすめです。

 

お金を借りることに抵抗がある場合もありますが
ローンにしたほうが良いというケースもあります。

 

近いうちに大きなお金が必要と分かっている場合などは
手持ちのお金には手をつけないで、リフォームローンを利用したほうが良いでしょう。

 

 

また、既に利用中の住宅ローンとリフォームローンを合わせて
返済計画の見直しをして、ローンを一本化することが出来ます。

 

 

 

上手にローンを活用して、家計に負担をかけずに夢のリフォームを実現をしたいですね。

 

こんな人にはリフォームローンがおススめ

今ある預貯金をを全てリフォーム支払いにまわすのは
おススメできません。
避けたほうがいいと思います。

 

今は、「大丈夫」と思っていても、この先何が起こるかわからないものです。
やはり、できるだけ家計に負担をかけずに夢のリフォームを実現をしたいですね。

 

もし突然の出費が重なったりしたら・・・

 

予定外の教育費・学費の出費  
突然の病気で入院・手術 

 

車が故障して修理代が必要  

 

リフォーム検討中に予算をオーバー など  

 

 

 

 

リフォーム代金の支払いで手持ち資金に余裕がなくなると、
急な出費が重なった場合に対応できなくなるといった心配もあります。

 

 

そうなったとき、その場しのぎのフリーローンは一般的に金利が高く、
低金利のリフォームローンを利用しておいたほうが安心といえます。

リフォームローンはどのようなものがある?

リフォームローンにはどのようなものがあるのでしょうか。
大きくは有担保ローンと無担保ローンに分けられます。

 

 

有担保ローン

 

担保を必要とする有担保ローンは、比較的低利で高額の融資を受けるローンです。
ただし保証料、手数料、抵当権設定登記などの費用が数多く発生します。
当然手続きは煩雑になり、必要書類を集めるという手間もあります。
大掛かりなリフォームを行う場合に適しています。

 

 

無担保ローン(銀行やクレジット会社のリフォームローン)

 

担保を必要としない無担保のリフォームローンです。
銀行やクレジット会社で用意されているリフォームローンのほとんどがこれにあたり、
比較的気軽に利用でき、規模の小さなリフォームに向いています。

 

銀行のリフォームローンは必要書類が多く、銀行窓口に出向かないといけないですが
クレジット会社のリフォームローンは、リフォーム会社で手続きができます。

 

 

リフォーム資金のためのローンは

クレジット会社リフォームローン か 銀行リフォームローン
をオススメです。

 

 

クレジット会社の金利 > 銀行の金利

 

クレジット会社のリフォームローンは、
手間がかからないのが最大の魅力ですが
金利は銀行ローンよりも高めのことが多いようです。

 

 

 

クレジット会社のリフォームローンは

 

 

必要書類(役所や勤務先などで)を準備する必要がほとんどありません。
ということは、発行手数料や保証料や融資事務手続きの手数料が不要になります。

 

お風呂リフォームのみといった規模の
借り入れ金額がそれほど大きくなく、短期間で返済が可能な場合は
金利の安い銀行のローンよりも返済総額が安くなることもあります。

 

ローンの審査にかかる時間も、短い場合で即日、長くても数日で完了します。
思い立ったらすぐ!といったリフォームにもおススメです。

返済シミュレーションを参考に

 

参考:常陽銀行27年7月1日現在

 

 

月々の返済金額は、約5万1千円になります。
参考にしてください。

 

銀行によって、金利も時期によって金利は変わってきます。
金利、返済期間、借入金額によって、月々返済金額は変わってきます。
詳細は必ず銀行にお確かめ下さい。

お風呂リフォームの適正価格を知る方法!

【 リフォームは、まずは見積り依頼から 】
見積りからわかることがあります。
その会社は、優良リフォーム会社か悪徳業者か!?
その見積りは、適正価格かボッタクリか!?


満足するリフォームのために、あなたがまずやることは  

>>今すぐ一括見積りをスタートする!!

実際にこの方法で、料金は安くて質を上げるリフォームを経験しています。